当時バイトの契約が切れたばかりの頃でした。

冬だからまだ良かったです、あれが夏なら完全に死んでいたとおもいます...。

とにかくお金がなかったので自炊をしていました。それはいいんですが、食べるものがないんです。

私にお金に困った話を書かせてください。私に実家は超貧乏な家庭です。

貧乏な家庭に生活しているとなかなかやりたいことが叶わないことが多々あります。その中のひとつのエピソードを書かせてください。

私は学費のことを考えて公立の高校に進学をしました。

ちの家庭は母子家庭で親が精神病で働けず生活保護世帯で何度か携帯代が払えないこととかあったのですがやはりこの時代携帯が使えないと困りますよね。

ですからそんな時自分がどうしていたか書きたいと思います。

まず携帯は事前に使えなくなることが携帯会社から連絡がきてわかっているのでとりあえずとまる時は連絡が取れなくて困る人、連絡する予定がある人に知らせておきます。